スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
〜フュッセン〜 レヒ川の水と緑に抱かれた清々しい町
バイエルン州 ロマンチック街道

レヒ川の水と緑に抱かれた清々しい町
フュッセン Füssen

ヴュルツブルクから約350キロにもおよぶロマンチック街道の終点地。オーストリア・チロル地方との国境はすぐで、ドイツ・アルプスのふもとにある。標高は800メートルを越え、ドイツで最も高いところにある町である。



大きな地図で見る

夏にはハイキングやサイクリング、ハングライダー、キャンプなど、冬にはスキーなど1年中観光客でにぎわっているドイツ屈指の保養地になっている。多くの観光客は近郊のノイシュヴァンシュタイン城ホーエンシュヴァンガウ城を見たり写真を撮ったりして、すぐに帰ってしまうが、本来はゆっくりと休暇を楽しむところである。

フュッセンの歴史は古く、古代ローマ時代にヨーロッパ北部とイタリアを結ぶ重要な幹線クラウディア・アウグスタ街道上に位置していたことから始まる。3世紀にはローマ軍の要塞が築かれ、9世紀にベネディクト派修道院が建てられて、アルプス越えの拠点の町として発展していった。15〜16世紀にイタリアとの通商で繁栄を極めた。その後、三十年戦争の戦火で廃れていった。

19世紀に入ると、バイエルンの国王マクシミリアン2世と、ルートヴィヒ2世が隣の村シュヴァンガウに城を建てた。それが一般に開放されるようになると、フュッセンは世界中から多くの観光客の受け入れる町となった。


●主な見どころ

ライヒェン通り[Reichenstraße]
フュッセンのメインストリートで歩行者天国になっている。両側には洒落たカフェやレストラン、お土産屋がぎっしりと並んでいて、いちばん奥にあるのはホーヘス城時計塔[Uhrenturm des Hohenschlosses]



ホーエス城[Hohes Schloss]



フュッセンは、1295年にアウクスブルク司教から都市権を得た。そして、司教の夏の居城として建てられたのがホーエス城。窓の縁飾りとして描かれただましが特徴で、シュヴァーベン地方では最も大きく重要な建物である。



城の北棟は、バイエルン州立絵画館の分館と市立絵画館として、フュッセン周辺で活躍した画家の作品が展示されている。


聖マング修道院(フュッセン市博物館)[Kloster St.Mang(Museum der Stadt Füssen)]
8世紀、スイスのザンクトガレンから来た聖マグヌスは僧庵を建てて、26年間ここで修道生活をした。彼の死から100年後、僧庵跡にアウクスブルク司教が聖マング修道院を建てた。以来、フュッセンは信仰と文化と経済の中心地に発展していく。18世紀に今のようなイタリアバロック様式に改築された。




聖マング市教区教会[Stadtpfarrkirche St.Mang]
聖マグヌスに捧げた中世風の教会を、18世紀にバロック様式に改築した建物。隣接するクリプタ[Klypta]という建物はフュッセンで一番古くて、聖マグヌスの墓もここにある。


聖霊シュピタール教会[Heilig-Geist-Spitalkirche]
教会の正面のファザードに描かれたフレスコ画が印象的。内部の祭壇には、いかだ師の守護聖人である聖ネボームクの姿が描かれている。

ノイシュヴァンシュタイン祝祭歌劇場[Festspielhaus Neuschwanstein]
ルートヴィヒ2世の生涯を描いたミュージカルルートヴィヒ2世を上演するためにフォルッゲン湖畔に建てられた建物。ミュージカルを見なくても、美しい庭園や、湖の向こうに見えるノイシュヴァンシュタイン城の眺めを楽しむために訪れる人も多い。




レヒ川[Lech]
オーストリアのフォアアールベルクの山中から流れだして、ドナウ川に注ぐ船長約260キロの川。フュッセン市内を流れている。フュッセン付近はまだまだ川幅が狭く非常に水が綺麗。近くには小さな滝もある。



フォルッゲン湖から見た風景
遠くにフュッセン、ホーエス城が見える


勢克史『フュッセン』
ドイツ紀行(1) ロマンチック街道とバイエルンの旅
名盤コレクション ロマンチック街道 〜歴史と音楽の旅〜


●各都市からの行き方

<ミュンヘンから>
RE、所要2時間5分、片道21.40ユーロ、直通。
RE/RB、所要約2時間5分、片道21.40ユーロ、ブーフローエ[Buchloe]で乗り換え。

<アウクスブルクから>
RB、所要1時間55分、片道17.10ユーロ、直通
RE、所要1時間52分、片道17.10ユーロ、ブーフローエ[Buchloe]で乗り換え。
RE/RB、所要2時間、片道17.10ユーロ、ブーフローエ[Buchloe]とカウフボイレン[Kaufbeuren]で乗り換え。

<シュツットガルトから>
ICE/RB、所要3時間45分、片道53ユーロ、アウクスブルクで乗り換え。
IC/RE/RB、所要3時間45分、片道53ユーロ、アウクスブルクとブーフローエ[Buchloe]で乗り換え
IC/RE/BUSで、所要3時間45分、片道33ユーロ、ウルムで乗り換え、ケンプテン[Kempten]でバスに乗り換え。


blog ranking 01
blog ranking 04にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
| バイエルン | 00:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:37 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sakura20205.jugem.jp/trackback/21
トラックバック
Powered by NINJA TOOLS