スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
〜ウルム〜 世界一高い大聖堂のある町
バーデン・ヴュルテンベルク州

世界一高い大聖堂のある町
ウルム Ulm

バーデン・ヴュルテンベルク州とバイエルン州の境界線に位置するウルム。人口は約12万人いる。ドナウ川がシュヴァルツヴァルトを発して最初の大都市である。ドナウ川の向こうはノイウルム[Neu Ulm]という町で市街地はつながっているけど、バイエルン州の管轄になる。

ルネ・デカルト直交座標系を思いついた地、そして超有名な物理学者アルベルト・アインシュタインが生まれた町として有名である。



大きな地図で見る

ドナウ川沿いに位置していたため中世の頃から交通の要所として発展していた。12世紀には帝国都市としての特権を与えられ、14世紀になると手工業者が市政に関わるようになった。1805年には、ナポレオンの大軍が、ウルムでオーストリア軍を撃破した。第二次世界大戦では、市の8割が破壊されたが大聖堂は無事だった。今では完全に復興されて、ドナウ川沿いでは中世のままの町並みが再現されている。


●主な見どころ

大聖堂[Münster]

大聖堂の塔から見たドナウ川
塔から見た町並み
塔の支柱
旧市街の中央にそびえる高さ161.53メートルの塔を持つゴシック様式の大聖堂。教会の塔としては世界最高の高さを誇る。1377年に建設が始まり、1890年に完成した。塔の上には768段の階段で上ることができる。階段も世界一で、ケルン大聖堂よりも200段多い。東京タワーの第一展望台とほぼ同じ高さで、登りきるのには30分ほどかかる。展望台からはウルム市街やドナウ川が一望できる。


漁師の一角[Fischer Viertel]
傾いた家
肉屋の塔
ドナウ河畔の中世風の建物が立ち並ぶ地域。水面に面した傾いた家[Schiefes Haus]は外観は古いが、内部は新しく改築されてホテルになっている。傾いた家の周辺には木組みの家々が立ち並んでいて、肉屋の塔[Metzgerturm]までのドナウ川沿いの散歩道はとても美しい。
ドナウ河岸


市庁舎[Rathaus]

市庁舎前のマルクト広場
外観は色彩豊かなフレスコ画が描かれている。1370年に建てられたゴシック様式の建物。東側の壁には金色の文字が輝く天文時計がある。向かいにはウルム博物館[Ulmer Museum]がある。中世から現代までのシュヴァーベン地方の所蔵品が展示されている。


マックス・ビル Max Bill by Junghans(ユンハンス)
マックス・ビル ウォールクロック
マックス・ビル ポスター
ヨーロッパ列車紀行<男の時刻表>
アインシュタイン ポスター 1
アインシュタイン ポスター 2
TOUCH of EINSTEIN
アインシュタイン奇跡の年1905


各都市から電車での行き方
各都市から最短時間を示しています。一応の目安です。値段は正規料金で、もっと安くする方法はたくさんあります。

<フランクフルトから> Frankfurt am Main Hbf → Ulm Hbf
1, ICE、所要2時間15分、片道60ユーロ、直通。
2, IC、所要2時間35分、片道52ユーロ、直通。
3, ICE、所要2時間15分、片道60ユーロ、マンハイムで乗り換え。

<ミュンヘンから> München Hbf → Ulm Hbf
1, ICE、所要1時間25分、片道33ユーロ、直通。
2, IC、所要1時間25分、片道27ユーロ、直通。
3, RE、所要1時間50分、片道23.90ユーロ、直通。

<シュトゥットガルトから> Stuttgart Hbf → Ulm Hbf
1, ICE、所要55分、片道23.50ユーロ、直通。
2, IC、所要55分、片道19.50ユーロ、直通。
3, RE、所要1時間、片道16.10ユーロ、直通。

<ニュルンベルクから> Nürnberg Hbf → Ulm Hbf
1, RE/ICE、所要2時間15分、片道43ユーロ、アウクスブルクで乗り換え。
2, IC/RE、所要2時間15分、片道32ユーロ、アーレン[Aalen]で乗り換え。
3, RE、所要3時間10分、片道26.80ユーロ、クライルスハイム[Crailsheim]乗り換え。


blog ranking 01
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

| バーデン・ヴュルテンベルク | 19:18 | - | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:18 | - | - | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://sakura20205.jugem.jp/trackback/39
トラックバック
Powered by NINJA TOOLS