スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
〜ギーンゲン〜 テディベアの故郷
バーデン・ヴュルテンベルク州

テディベアの故郷
ギーンゲン Giengen an der Brenz

ギーンゲンはシュヴェービッシュ・アルプの南、ウルムから北へ30キロほどいったところにある。ドナウ川の支流ブレンツ川沿いにある人口2万人の小さな町。

この町には世界的に有名になったテディベアを一番最初に作ったシュタイフの本社がある。



大きな地図で見る



シュタイフ社(Margarete Steiff GmbH)は1880年に創業した人形メーカー。1903年に最初のテディベアを発売した。ドイツではパッとしなかったが、アメリカで発売された一体がルーズベルト大統領に贈られて、アメリカで大ブームを起こした。この年から工場を拡張していき、今に至る。今でも職人による手作りで作られているため、同一のものは存在しない。多くの類似品と区別するためにシュタイフ社の製品には、耳にボタンとタグが付いている。これは「ボタン・イン・イヤー BUTTON IN EAR」と呼ばれる商標である。

シュタイフの博物館

工場の左側には、マルガレーテ・シュタイフ博物館[Margarete Steiff Museum]がある。シュタイフ社の創業者マルガレーテの遺品や、創業から現在までの代表的なテディベアがずらりと並んでいる。



工場の右側にはアウトレットショップがあり、ドイツのデパートや日本に輸入されているものよりもずっと安い値段で買うことができる。それから、耳にボタンのないものもある。これは、工場の規格検査ではねられたものである。これらは、さらに安い価格で販売されている。
シュタイフ・ホームページ 
シュタイフ・日本語ホームページ



シュタイフ こうさぎ
シュタイフ ラム
シュタイフベアウォッチ
シュタイフ プリンセス スモーリー
シュタイフ プリンセス スカーフ エレファント
シュタイフ モヘア テディベイビー ブルー
シュタイフ クラシックテディモヘア(ホワイトローズ)
ウイリアム アンド ヘンリー ブラザースベア
スプリング マトリョーシュ カセット
シュタイフ アルパカ ペガサス
シュタイフ Lumpi ゴールデンレトリバー マスターピース パピー
シュタイフ Fairytales

各都市から電車での行き方
各都市から最短時間を示しています。一応の目安です。値段は正規料金で、もっと安くする方法はたくさんあります。

<フランクフルトから> Frankfurt am Main Hbf → Giengen(Brenz)
1, ICE/RE or IC/RE、所要2時間55分から3時間25分、片道56〜64ユーロ、ウルムで乗り換え。
2, ICE/RE or IC/RE、所要2時間55分から3時間20分、片道53〜64ユーロ、シュトゥットガルトとアーレン[Aalen]もしくはシュトゥットガルトとウルムで乗り換え

<シュトゥットガルトから> Stuttgart Hbf → Giengen(Brenz)
1, IC/IRE、所要1時間25分から1時間35分、片道21.50〜25.50ユーロ、アーレン[Aalen]もしくはウルムで乗り換え。
2, RE、所要1時間45分、片道18.30ユーロ、アーレン[Aalen]で乗り換え。

<ニュルンベルクから> Nürnberg Hbf →Giengen(Brenz)
1, IC/IRE、所要1時間50分、片道30ユーロ、アーレン[Aalen]で乗り換え。
2, RE、所要2時間35分から2時間40分、片道25.70ユーロ、クライルスハイム[Crailsheim]で乗り換え。

<ミュンヘンから> München Hbf → Giengen(Brenz)
ICE/RE or IC/RE、所要2時間5分、片道32〜38ユーロ、ウルムで乗り換え。

blog ranking 01
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ



| バーデン・ヴュルテンベルク | 22:25 | - | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:25 | - | - | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://sakura20205.jugem.jp/trackback/55
トラックバック
Powered by NINJA TOOLS