スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
〜テュービンゲン〜 詩人や哲学者も過ごした大学町
バーデン・ヴュルテンベルク州

詩人や哲学者も過ごした大学町
テュービンゲン Tübingen

シュトゥットガルトから南へ30キロほど行ったところにあるネッカー川沿いの小さな町。ドイツでも屈指の名門テュービンゲン大学のある大学都市である。人口は約8万3000人。

ネッカー川とテュービンゲン

大きな地図で見る

1231年に都市権を獲得した。そして、1477年にはテュービンゲン大学が創設された。大学は町中に分散しており、キャンパスを持たない。中世の時代に設立されたヨーロッパの大学はキャンパスを持っていないが、テュービンゲン大学はその典型である。1798年にはアルゲマイネ・ツァイトゥンク[Allgemeine Zeitung]が設立された。現在ではドイツの代表的な新聞である。

旧市街はネッカー川沿いに発達しており、マルクト広場には木組みの家も立ち並んでいる。テュービンゲンは戦災が少なかったので、今でも美しい町並みが残っている。


主な見どころ

ネッカー川沿いの建物とヘルダーリンの塔[Aussicht am Necker und Hölderlinturm]

写真の一番奥にある黄色いとんがり屋根の丸い家がヘルダーリンの塔。詩人だったヘルダーリンは、この家で手厚い世話を受けながら、人生の後半(1807年から1843年まで)を過ごした。この少し上にはエヴァンゲーリッシェ・シュティフト[Evangelische Stift]がある。かつての修道院だった建物で、宗教改革のあと、プロテスタントの教育の中心地であった。


ホーエンテュービンゲン城[Schloß Hohentübungen]

12世紀にここに初めて砦が造られた。現在の建物は、16世紀にルネッサンス式に改築されたもの。城の内部は見学できないけど、ここから見る町の眺めはすばらしい。

市庁舎とマルクト広場[Rathaus und Marktplatz]
市庁舎
マルクト広場にある木組みの建物
市庁舎には美しい天文時計がある。マルクト広場周辺には多くの木組みの家が立ち並んでいる。

シュティフト教会[Stiftkirche]
ネッカー川沿いの建物とシュティフト教会
ゴシック様式の教会。教会の正面向かいにはテュービンゲン大学旧本部[Alte Aula der Universität Tübingen]が建っている。近くにあるヘッケンハウアーという書店は、1895年から1899年までヘルマン・ヘッセが働いていた。


ドイツ資本市場法の諸問題
ドイツ・リートへの誘い
ドイツ人の現実
ドイツ河辺の街と物語
ヘッセと歩くドイツ
素顔のヘルマン・ヘッセ

各都市から電車での行き方
各都市から最短時間を示しています。一応の目安です。値段は正規料金で、もっと安くする方法はたくさんあります。

<フランクフルトから> Frankfurt am Main Hbf → Tübingen Hbf
1, ICE/IRE or IC/IRE、所要2時間35分から2時間40分、片道47〜63ユーロ、シュトゥットガルトで乗り換え。
2, ICE/IRE、所要2時間10分、片道63ユーロ、マンハイムとシュトゥットガルトで乗り換え

<シュトゥットガルトから> Stuttgart Hbf →Tübingen Hbf
1, IRE or RE、所要40分から1時間、片道10.90ユーロ、直通。
2, S-Bahn/RB、所要1時間10分、片道10.90ユーロ、ヘレンベルク[Herrenberg]で乗り換え。

<ウルムから> Ulm Hbf →Tübingen Hbf
1, IC/RB、所要1時間40分、片道24ユーロ、プロッヒンゲン[Plochingen]で乗り換え。
2, RE、所要2時間15分、片道20ユーロ、プロッヒンゲン[Plochingen]で乗り換え。

<ミュンヘンから> München Hbf → Tübingen Hbf
1, IC/RB、所要3時間5分、片道45ユーロ、プロッヒンゲン[Plochingen]で乗り換え。
2, ICE/RE、所要3時間、片道50ユーロ、ウルムとプロッヒンゲン[Plochingen]で乗り換え。

blog ranking 01
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

| バーデン・ヴュルテンベルク | 22:51 | - | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:51 | - | - | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://sakura20205.jugem.jp/trackback/56
トラックバック
Powered by NINJA TOOLS