スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
〜フランクフルト・アム・マイン〜 超高層ビルの建ち並ぶ町
ヘッセン州

超高層ビルの建ち並ぶ町
フランクフルト・アム・マイン Frankfurt am Main

ヘッセン州最大の都市であり、ドイツ国内ではケルンに次いで4番目に大きい。市内の人口は約67万人だけど、毎日、周辺の町から通勤や通学で来るために、昼間人口は夜間人口の2倍にもなる。

ドイツにはもうひとつ、ポーランド国境にフランクフルトという町と区別するため、正式名称はフランクフルト・アム・マイン(マイン河畔のフランクフルト)という。



大きな地図で見る

フランクフルト

政治の中心ベルリンに対し、フランクフルトは経済の中心で、ニューヨーク、ロンドン、パリ、東京とともに世界経済の重要な拠点であり、欧州を代表する世界都市である。

中世に入って、神聖ローマ帝国の都市として発展をとげ、見本市(メッセ)都市として発展した。現在でも年に15回ほど国際見本市が開かれている。

夕暮れ時のフランクフルト

超高層ビルの立ち並ぶフランクフルト中心部

20世紀初頭には、ロスチャイルド(ドイツ語でロートシルト)をはじめとするユダヤ系の銀行家が、この町を起点にして、ヨーロッパ全土、そしてアメリカまでネットワークを張り巡らした。町に建ち並ぶ超高層ビル群は、ほとんどが銀行の建物。ドイツの四大銀行のうちの3行(ドイツ銀行ドレスナー銀行コメルツ銀行)の本店があり、またドイツ連邦銀行や、ユーロを統括する欧州中央銀行も拠点を置いている。

フランクフルト中央駅

欧州中央銀行本店

ドイツ銀行本店

コメルツ銀行本店(ドイツで一番高い建物)
進化する欧州中央銀行
ユーロ時代の企業経営
ドイツ証券市場史
ユーロ生誕
ドイツ資本主義
拡大するユーロ経済圏
ユーロ対ドル
ヨーロッパ中央銀行論


フランクフルト国際空港[Flughafen Frankfurt am Main]

ドイツ最大の空港で、世界の主要なハブ空港のひとつである。日本からドイツに来るときには、たいていこの空港に降りる。2つのターミナルがあり、ルフトハンザやスターアライアンス各社はターミナル1に発着している。他社はターミナル2に発着する。2つのターミナルは、バスと新交通システムで結ばれている。ICEなどの長距離列車や、地下鉄はターミナル1としか接続していない。
ヨーロッパでは、ロンドン・ヒースロー空港パリ・シャルル・ド・ゴール空港に次ぎ3番目の規模を持つ。ドイツのフラッグキャリアであるルフトハンザ・ドイツ航空のメインハブ空港であるが、現在では受け入れ能力の限界のため、事情が許す場合はミュンヘンのフランツ・ヨーゼフ・シュトラウス国際空港にも輸送を振り分けている。しかし、2020年には発着回数が70万回以上になることが見込まれているので、新しい滑走路やターミナル3の建設が開始された。拡張が完了すると年間8000万人の旅客取扱量が処理できるようになる。
フランクフルト空港長距離列車駅
タイタン ゼノン TSA(TITAN Xenon) スーツケース
ボーイング747-400 ルフトハンザ・ドイツ航空 STAR ALLIANCE塗装
エアバスA340-300 ルフトハンザ・ドイツ航空



主な見どころ

レーマー広場[Römer]

切妻屋根の3つの建物で、中央の建物がレーマーと呼ばれている旧市庁舎。レーマーの2階には、神聖ローマ帝国新皇帝の戴冠式のあとの祝宴が行われた広間カイザーザール[Kaisersaal]がある。特別な催しのないときは見学することができる。

レーマーの向かいには、美しい木組みの家が並んでいる。現在残っている建物は最近再建されたもの。中世の頃には、このような木組みの家がフランクフルトにも多くあった。広場の中央には、正義の女神ユスティシアの噴水がある。
クリスマスマーケット開催中のレーマー広場

大聖堂[Dom]

正式名称は聖バルトロメオ大聖堂。神聖ローマ帝国皇帝の選挙や戴冠式が行われた教会。ゴシック様式の建物で13〜15世紀にかけて建てられた。塔は高さ95メートルで、1415年に着工し1877年に完成した。

パウルス教会[Paulskirche]

戦後に再建された、ネオクラシック風の教会。1948年に、第1回国民会議が開かれた場所で、現在でも自由、統一、民主主義のシンボルとなっている。催し物会場、ゲーテ賞や書籍見本市で選ばれる平和賞の授賞式の会場になっている。

マインタワー[Mainturm]

コメルツ銀行の本店近くにある高さ200メートルの高層ビル。フランクフルトの高層ビルはほとんどが銀行の本店なので、一般に開放されていないけど、マインタワーだけは屋上に展望台があって、フランクフルトを眺めることができる。

フランクフルト証券取引所[Börse Frankfurt]

ニューヨーク、ロンドン、東京、ユーロネクスト(パリ、アムステルダム、ブリュッセル)に次いで、世界で5番目の取引高を誇る。起源は9世紀までさかのぼる。東フランク王国のルートヴィヒ2世によって、自由公益を取り仕切るための免状が与えられ、フランクフルトは経済都市として発展していく。16世紀に証券取引所が設置され、17世紀にはロンドン、パリと並ぶ世界有数の証券取引所のひとつに発展した。

ザクセンハウゼン[Sachsenhausen]

マイン川の南側にある地域。昔、ザクセン人が住んでいたことから、ザクセンハウゼンと呼ばれている。パン屋、漁師、製革工、ぶどう園芸家、陶工などが住んでいたこの一体は、現在では庶民の雰囲気が漂うりんご酒の酒場街として有名である。

ゲーテハウスとゲーテ博物館[Goethehaus und Goethemuseum]

有名な詩人ヨハン・ヴォルフガンガ・ゲーテは1749年にフランクフルトに生まれた。父は皇帝顧問官、母はフランクフルト市長の娘だったために、ゲーテの家は、当時、屈指の名家だった。生家は第二次世界大戦の爆撃で、完全に破壊されてしまった。現在の家は、戦後、忠実に復元されたもの。でも、調度品などは疎開させてあったため、当時のゲーテの家にあったもの、そのままである。ゲーテ博物館には、ゲーテが生きていた時代の画家の作品が展示されている。
ドイツ詩を学ぶ人のために
ゲーテと読む世界文学
DieLiebe ゲーテ詩集
ゲーテ先生、生きる知恵を聞かせて

シュテーデル美術館[Städelsches Kunstinstitut und Stadtische Galerie]

フランクフルトの銀行家シュテーデルの寄付によって設立された絵画館で、中世から現代までのドイツ、フランス、イタリア、オランダなどの絵画が展示されている。

マイン川沿いの美術館通り[Museumsufer]
マイン川沿いのSchaumainkaiは、別名美術館通りという。名前のとおり、たくさんの美術館や博物館が集まっている。
 応用工芸博物館[Museum für Angewandte Kunst]
 世界文化博物館[Museum der Weltkulturen]
 ドイツ映画博物館[Deutsches Filmmuseum]
 ドイツ建築博物館[Deutsches Architekturmuseum]
 リービークハウス[Städtische Galerie Liebieg Haus]

アルテ・オペラ[Alte Oper]

夜のアルテ・オペラ
パリのオペラ座をモデルにした後期イタリア・ルネッサンスの美しい建物。第二次世界大戦で破壊されたけど、市民の献金などで再建された。現在ではコンサートホール、会議場として使われている。

フランクフルト国際展示場[Frankfurt Messe]

ヨーロッパ最大の見本市会場で、大きさは約58万平方メートルある。有名な見本市としては、2年に一度開催される世界最大のモーターショーであるフランクフルト・モーターショー IAA[Internationale Auto Ausstellung]、毎年秋に開催される書籍見本市[Buchmesse]などがある。見本市会場に隣接して建っているのが、メッセタワー[Messeturm]という63回建てのオフィスビル。高さは257メートルで、コメルツ銀行の本店が建つまでは市内で一番高い建物であった。現在でも、2番目に高い。



アルプスの少女ハイジ
永遠のアンネ・フランク
フランクフルト〜ヴァリアス

07/08 Eintracht Frankfurt 高原直泰 ユニホーム
ドイツMWH社 最高級ファニチャーフィーノ

BRAUN ABW31
Braun WK600 Impressions 7-Cup Electric Kettle, Brushed Stainless Steel
Braun quartz AW22
Aeromatic1912 A1310
avantgarde(アバンギャルド) TRIO + BASSHORN


各都市から電車での行き方
各都市から最短時間を示しています。一応の目安です。値段は正規料金で、もっと安くする方法はたくさんあります。

<ミュンヘンから> München Hbf → Frankfurt am Main Hbf
1, ICE、所要3時間10分、片道85ユーロ、直通。
2, ICE、所要4時間10分から4時間15分、片道85ユーロ、ニュルンベルクで乗り換え。

<シュトゥットガルトから> Stuttgart Hbf → Frankfurt am Main Hbf
1, ICE or IC、所要1時間25分から1時間35分、片道38〜54ユーロ、直通。
2, ICE/S-Bahn、所要1時間35分、片道54ユーロ、フランクフルト西駅[Frankfurt(Main)West]で乗り換え。

<ニュルンベルクから> Nürnberg Hbf → Frankfurt am Main Hbf
ICE、所要2時間5分から2時間10分、片道46ユーロ、直通。

<ケルンから> Köln Hbf → Frankfurt am Main Hbf
1, ICE、所要1時間10分から1時間20分、片道61ユーロ、直通(ライン川北側路線)
2, ICE or IC、所要2時間20分、片道39〜43ユーロ、直通(ライン川南側路線)
3, ICE or ICE/IC、所要1時間15分から1時間20分、片道61ユーロ、フランクフルト空港駅[Frankfurt Flughafen]で乗り換え。

<ハンブルクから> Hamburg Hbf → Frankfurt Hbf
1, ICE、所要3時間40分、片道101ユーロ、直通。

<ベルリンから> Berlin Hbf → Frankfurt Hbf
1, ICE、所要4時間10分、片道107ユーロ、直通。
2, ICE、所要4時間10分、片道107ユーロ、ハノーバーで乗り換え。

<ライプツィヒから> Leipzig Hbf → Frankfurt Hbf
ICE、所要3時間30分、片道67ユーロ、直通。



blog ranking 01
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

| ヘッセン | 23:03 | - | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:03 | - | - | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://sakura20205.jugem.jp/trackback/61
トラックバック
Powered by NINJA TOOLS