スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
〜ライン渓谷中流上部〜 古城と木組みの家とどこまでも続くブドウ畑
ラインラント・プファルツ州 ライン渓谷中流上部 世界遺産

古城と木組みの家とどこまでも続くブドウ畑
ライン渓谷中流上部 Mittelrhein

リューデスハイム[Rüdesheim am Rhein]、ビンゲン・アム・ライン[Bingen am Rhein]からコブレンツ[Koblenz]までのライン川中流域の65キロの区間をライン渓谷(ロマンチック・ライン)という。

大きな地図で見る

古代からライン川は交易の重要な通路だったので、ライン川の土手に連なる形で、小さな集落が形成されていった。時代が進むにつれて、船の監視のために多くの城塞が建てられていった。三十年戦争で、多くの城が廃墟になったが、現在ではホテルなどに改築されている。

また、ワインの生産が盛んで、一面にブドウ畑が広がっている。

古城、木組みの家、一面に広がるブドウ畑、聖堂、修道院など、中世以来の景観が今でも残されている地域として、2002年にユネスコ世界遺産に登録された。

ライン川は、現在でも重要な船舶の通路である。ライン渓谷では、クルージングが盛んなので、シーズン中は貨物船だけではなく観光船も多く運行している。

観光船は、マインツからコブレンツまで運航しているが、観光客はリューデスハイムから乗って、コブレンツで降りるのがほとんどである。

KDライン・ホームページ ライン川遊覧船の時刻表を調べることができる。



ライン渓谷の古城と町

リューデスハイム[Rüdesheim am Rhein]

ビンゲン・アム・ライン[Bingen am Rhein]

対岸はヘッセン州のリューデスハイム。ライン川ナーエ川が合流するところで、昔から河畔の集落への水上交通の要所として栄えた。中洲には、ねずみの塔[Mäuseturm]が建っている。中世の頃に、通行税を取る監視塔として建てられた。後に、信号灯として使用された。多くの戦争で、歴史的遺産が破壊されてしまったため、この町は観光ルートからは外れている。でも、リューデスハイムを出発した観光船は、次にビンゲンに止まるので、ここから船に乗る人も多い。
クロップ城

カウプ[Kaub]
グーテンフェルス城とカウプの町並み
プファルツ城
ライン川中流域で最大のブドウ畑を有する。町の背後にある丘には、現在ホテルになっているグーテンフェルス城[Gutenfels Schloß]、ライン川の中州には、プファルツ城[Pfalzgrafenstein]が建っている。対岸の町オーバーヴェーゼル[Oberwesel]の背後にはシェーンブルク城[Schönburg]がそびえる。現在は古城ホテルになっている。
シェーンブルク城

バッハラッハ[Bacharach]

アルテスハウス
町中には、美しい木組みの家が並んでいる。見どころは、現在はレストランになっているアルテスハウス[Altes Haus]、ロマネスクとゴシック様式の混じったペーター教会[Peterskirche]。丘の上にはシュターレック城がある。現在はユースホステルになっている。
シュターレック城

ザンクト・ゴアール[Sankt Goar]とザンクト・ゴアルスハウゼン[Sankt Goarshausen]
ザンクト・ゴアールの町並み
ザンクト・ゴアルスハウゼン
ローレライの岩
2つの町は両岸に位置しており、姉妹都市提携を結んでいる。詩人ハイネの詩で詠われた有名なローレライの岩があるところである。このあたりがライン川で一番幅が狭まる。そのうえ急カーブで、川床には岩礁が横たわっているために、中世の頃は事故が多発した。それでローレライの伝説が生まれた。

ザンクト・ゴアールの背後にそびえるラインフェルス城[Burg Rheinfels](現在は古城ホテルになっている)と、ザンクト・ゴアルスハウゼンの背後にそびえるねこ城[Burg Katze]は、このあたりの有力な領主だったカッツェンエーレンボーゲン伯爵によって14世紀に建てられた。
ラインフェルス城
ねこ城

ねずみ城

ボッパルト[Boppard]

ライン渓谷の町の中ではビンゲンに次ぐ2番目の規模を持つ町。このあたりから再びブドウ畑が広がる。

ブラウバッハ[Braubach]

町中には木組みの家が多く残っている。町の背後にそびえるマルクスブルク城は、現存する中世の城の中で完全な姿で残っている。望楼はライン渓谷の中で、最も美しい形をしているとされ、ライン川の眺めはすばらしい。
マルクスブルク城

シュトルツェンフェルス城

エーレンブライトシュタイン城塞

コブレンツ[Koblenz]


各都市から電車での行き方
ライン川の両岸に鉄道がある。フランクフルトからケルン方向に向かって、ライン川の左側が幹線で、ICEやEC/ICが走る。ライン川の右側は一部のローカル線と貨物列車が走る。

<ライン川の左側の路線>
マインツ ⇔ コブレンツ Mainz Hbf ⇔ Koblenz Hbf
1, IC/ICE、所要55分、片道19.50〜21.50ユーロ、直通。
2, RB、所要1時間30分、片道16.10ユーロ、直通。

<ライン川の右側の路線>
ヴィースバーデン ⇔ コブレンツ Wiesbaden Hbf ⇔ Koblenz Hbf
RB、所要1時間40分、片道16.10ユーロ、直通。



blog ranking 01
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

| ラインラント・プファルツ | 09:01 | - | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 09:01 | - | - | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://sakura20205.jugem.jp/trackback/64
トラックバック
Powered by NINJA TOOLS